日常的に必要な機械式時計の手入れ

風防はこまめに磨いて美しさを保とう!

機械式時計には定期的に行う必要がある分解清掃の他にも、日常的なお手入れが必要になります。その中でもこまめに行わなければいけないのが「風防」のお手入れです。風防とは、文字盤を保護しているガラス状の部分。この風防が汚れてしまうと時計の視認性が落ちてしまいますし、傷が付いたら時刻を見るたびにガッカリした気分になってしまいます。それゆえに、大事に扱わなければいけないのが風防なのです。風防のお手入れ方法としては、使用後に柔らかい布で乾拭きするのが一般的でしょう。水で濡らした布でふき取る人も多いようですが、金属パーツを多く使っている機械式時計にとって水分は禁物。場合によってはケースやムーブメントが錆びてしまうことも考えられます。風防を磨く際には乾拭きか、専用の研磨剤を使うようにしましょう。

ベルトのケアも忘れないで

風防やケースはピカピカに磨いていても、ベルトのお手入れはあまりしないという人が多くいます。ベルトは汚れて当然と考えるのも良いですが、ベルトをしっかりとメンテナンスすることによって付け心地が良くなったり、ベルト自体が長持ちするようになるので日常的にお手入れをするようにしましょう。特にケアが必要なのレザー製のベルトです。金属製のベルトは拭き取ったりコマの隙間を清掃するだけで十分ですが、レザー製のベルトは保湿をしたり乾かしたり、金属製のベルトに比べると細やかなお手入れが必要になります。また、汗が染み込んだ場合には消臭する必要もあるでしょう。このようなお手入れをおろそかにしたレザー製のベルトは劣化が早くなってしまいます。それを避けたいのなら、レザー製のベルトは特にしっかりとお手入れすることをオススメします。